夏の暑さを解消するリフォームについて

夏場になると耐えがたい暑さになることで、リフォームを検討する場合もあるでしょう。
夏の暑さの原因のひとつは西日です。
高度が低いため、壁の窓から入ってくる陽射しを遮りにくいのです。

窓ガラスを遮熱ガラスに替えるという方法もありますが、コストがかなりかかるのが難点です。
住居内に熱気がたまるのは高い部分ですので、家の一番低い場所と高い場所にそれぞれ開口部や換気口を設けるというリフォームによって熱気を追いだすことができます。
その一方で、気密性の低い換気口は冬場に室内の温度を下げる原因にもなります。換気口を設けるときには、冬場のことをよく考えてから取り組むようにしましょう。

屋根面に当たってくる陽射しの熱が吸収されることも室内の温度を上げる原因となります。
天井裏に断熱材を入れることによってこれを改善することは可能ですが、リフォームのレベルでは天井版の上に断熱材を乗せる程度の工事となりますので、「ないよりはまし」程度と考えた方がいいでしょう。
断熱材付きの屋根材で屋根全体を葺き替えることも可能ですが、コストがかなりのものになるのと、構造部分に手を入れることになりますので、家全体の状況を確認した上で、構造などを含め総合的に判断することになります。

小屋裏に溜まった熱気を排出するために、小屋裏内に換気口を取り付けるという方法もあります。

これだと空気の流れが改善されることになり、通風も良くなるのでかなりの効果が出ます。

http://www.seihohogo.jp/
http://www.cgc-shiga.or.jp/
http://www.jsdc.or.jp/certificate/accident/